これで決まり!ドレス販売オススメサイト

home > ドレスについて > 20代から40代まで年代別ドレスの選び方

20代から40代まで年代別ドレスの選び方

 年代に応じてドレスの選び方は大きく異なります。
特に20代前半と後半では、ある程度シチュエーションによって配慮したほうがいい場合も多いため、前もって確認しておくことが重要です。
例として挙げられるのは、丈の長さだといわれています。
一般的に20代の場合、身長やパーティーの内容によっても異なりますが、できたらひざ上5センチメートル程度の長さにしておきましょう。
華やかさと20代が持つ独特の印象を与えることができるからです。
また、膝丈ぎりぎりであれば、20代半ばであってもよい印象を与えられるでしょう。
特に結婚式に御呼ばれした際には、身につけやすい丈だといわれています。
露出はある程度抑えながら、若々しさを出せる長さとして、ひざ上5センチメートルから膝丈が一番いいといわれています。

 30代の場合、20代とは脂肪のつき方も体系も多少変化する人が多いでしょう。
また、顔が20代とは大きく変化してくる時期であるため、顔や体系に見合った長さやデザインを選ぶことをお勧めします。
色は華やかなパッション系よりも、多少くすんだカラーのほうが相性もよく、周囲からの評価も高いでしょう。
膝丈から、ひざ下5センチメートル程度が好印象を与えやすく、フリルなどのつかないシンプルなデザインであれば重宝します。
シンプルなデザインのものであれば小物使いで色々なシーンで活躍するでしょう。
あまりひざを見せるようなファッションは若作りしていると勘違いされやすいため、避けてください。
30代ならではの落ち着きをみせながら、助成らしさを演出するドレスを選ぶことが着こなしやすくなるでしょう。

 40代の場合、あまり流行を追うと若作りしすぎている印象を与えてしまいがちなので、流行に左右されず、10年後でも定番のファッションとして通用するものを選びましょう。
カラーはダークカラーのほうが相性もよく、ワインレッドやダークグリーン、ダークブルーといった落ち着きのあるカラーを身につけると品のある女性を演出できます。
ネイビーやブラウンといった定番カラーであれば、多少フリルやリボンがついていても、甘さを演出した年代の女性らしく見えるでしょう。
丈の長さはひざ下5センチメートルからひざ下10センチメートルほどが相性もよく、落ち着いた雰囲気を出せるでしょう。
あまり長すぎると胴長に見せてしまう危険性もあるため、ある程度の長さで十分です。
小柄な人の場合にはひざ下5センチメートル程度がいいでしょう。

次の記事へ