これで決まり!ドレス販売オススメサイト

home > ドレスについて > パーティードレスを着る機会とマナー

パーティードレスを着る機会とマナー

 「ドレス」というと、現代の女性はどのようなものが頭に浮かぶだろうか。
大昔に貴族の女性が着ていたようなドレスか、真っ白なウェディングドレスか、結婚式に招待された時に着るパーティードレスか。
人それぞれだと思う。
では、ドレスなどめったに着ることができない現代において、最も身近なドレスとはどんなドレスだろうか。
やはり、ウェディングドレスと結婚式に招待された時などに着るパーティードレスだろう。
この2つは日本の女性に限らず、世界中の女性の大半が着る機会があるのではないか。
特にパーティードレスは結婚式ではなく、何らかのパーティーに呼ばれた時に着ることもある。
なので、女性ならば生涯に1度は着る機会があると言ってもいい。
そんな、パーティードレスだが、結婚式へ着て行く場合は、いろいろとマナーがある。
マナーを知らないままドレスを選び、マナー違反のドレスを着ていくと、非常識のレッテルを貼られてしまう。
自分が恥をかくだけでなく、新郎新婦も不快な想いをしてしまうかもしれない。
今回は結婚式へ着ていくパーティードレスの、これだけは絶対覚えておいた方が良いマナーを紹介する。

 まず絶対にやってはいけないのは、白いドレスを着ていくことだ。
理由は花嫁さんと被るからである。
それを着ていかざるを得ない場合は、黒などの濃い色のものを羽織るべきだ。
招待客が白いドレスを単品で着ていくのは、服装のマナーの中でも一番冷ややかな目で見られると言っても過言ではない。
絶対にやってはいけないことなのだ。
よくネットサーフィンで結婚式にまつわることを見ていると、招待客の中で嫌がらせでわざと白いドレスを着てきた女性がいたというのを見る。
本人に一切悪意がなくても、新郎か新婦に恨みがあって、そのような恰好をしてきたと思われても仕方ないレベルのマナー違反なのだ。
他のマナー違反とは比べ物にならないくらいひどいマナー違反なので、絶対に覚えておいてほしい。
白いドレスが着たい人は結婚式と関係ないパーティーか、自分が結婚した時にウェディングドレスで着よう。

 他にもマナーがいくつかある。
髪の長い女性は髪をまとめていくというのも、マナーの1つである。
髪が肩につくくらいの長さなら、それはまとめた方が無難である。
尚、結婚式に相応しい髪のまとめ方はネットで検索すれば、いくらでもでてくる。
また、その際につける髪飾りにも注意しなくてはいけない。
花嫁とかぶるティアラや、花をモチーフにした大きめのものはマナー違反である。
その他にも季節はずれのアクセサリーや、普段使っているカジュアルなアクセサリーはダメである。
守らなくてはいけないか微妙なマナーもある。
腕時計をつけていくのは、時間を気にしていると見えるのでよくないというマナーもあるが、式の最中に頻繁に時計を見なければ別にいいと思う。
このように、守るべきか微妙なものもあるので、そこは個人で判断するようにしたい。

次の記事へ